宮沢賢治の命日である9月21日に開催される賢治祭。
賢治にまつわる朗読、合唱、講話、演奏、演劇、郷土芸能などが披露され、会場全員で精神歌を斉唱し、最後には篝火を囲んで座談会を行うという賢治ファンにはたまらないイベントです。
そして、この年はなんと高畑勲監督がサプライズで登場。
監督はちょうど花巻市から賢治顕彰の実践的な活動者をたたえる「イーハトーブ賞」に選ばれたばかりで、翌日に贈呈式を控えていた関係でこの会場にも足を運んでくださったそうです。
鹿踊目当てで最前に座っていた私は本当に目の前で高畑監督の貴重なお話を聞くことができ感動しました。
歌も朗読も演劇も賢治愛がひしひしと伝わってきて素晴らしかったです。
そして花巻農業高校鹿踊り部のみなさんによる、花農春日流鹿踊。篝火の中での幻想的な演舞を間近で見られて感激。スクリーンに唄が映し出されていたのが新鮮でとても勉強になりました。
Back to Top